(多く「おききおよび」の形で)人づてに聞いて知っていること。「すでにお聞き及びのことと存じます」

出典:青空文庫