1. 律令制で、諸司に置かれた下級職員。

  1. 中世、神社に仕えた下級の神官。

  1. 明治2~10年(1869~77)、皇太后宮職皇后宮職に置かれ公文書類を扱った判任官。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫