肝を切り刻んでなますにすること。また、そのなます。

「わが心にかなはば、用ひん。かなはずは、―につくらん」〈宇治拾遺・一五〉