• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

股肱之臣の解説 - 学研 四字熟語辞典

主君の手足となって働く忠実な家来のこと。また、いつも身近にいて信頼できる腹心の部下のこと。
注記
「股」は、もも。「肱」は、ひじ。どちらも人がからだを動かすときに重要な働きをする部分であることから転じて、「股肱」は、なくてはならない大切なもの、最も頼りとするもの。「臣」は、家来。
出典
『史記しき』太史公自序たいしこうじじょ
類語
腹心之臣ふくしんのしん

キーワード[君臣・師弟・上司と部下]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。