1. 肥後国司

  1. 文房具の小刀 (こがたな) の一種。7、8センチの両刃が鉄製の折りたたみ式の鞘 (さや) に収められるもの。鞘は柄 (え) を兼ね、ふつう「肥後守」などの銘がある。大正半ばから兵庫県で生産され、片刃の切り出し小刀に代わって、昭和前期にかけて流行した。廃刀令後、旧熊本藩の御用鍛冶が作りはじめたのが起源という。

出典:青空文庫