上代の占い法の一。鹿の肩の骨を抜き取り、波波迦 (ははか) の木で焼き、表面にできた裂け目によって吉凶を占った。肩抜きの占 (うら) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉