• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代、鹿の肩の骨を焼いて、そのひび割れで吉凶を占うこと。太占 (ふとまに) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉