• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 着物の上半身の部分を脱ぐこと。また、その状態。はだぬぎ。「肩脱ぎになる」

  1. 平安時代、節会 (せちえ) などの席で、袍 (ほう) の肩を脱いでくつろぐこと。

  1. 能装束の着方の一。上衣の法被 (はっぴ) や長絹 (ちょうけん) の片袖を脱ぎ、三角に畳んで背中に巻きあげてはさむこと。修羅物に用いる。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉