1. 古代、庶民が着た、丈が短い袖無しの上着。袖無し。手無し。

  1. 室町末期から素襖 (すおう) の略装として用いた武士の公服。素襖の袖を取り除いたもので、小袖の上から着る。袴 (はかま) と合わせて用い、上下が同地質同色の場合は裃 (かみしも) といい、江戸時代には礼装とされ、相違するときは継ぎ裃とよんで略儀とした。

  1. 門徒の信者が看経 (かんきん) の際に、着流しで肩に羽織るのに用いる衣。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:青空文庫