• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大峰 (おおみね) 山の異称。熊野側を胎蔵界、吉野側を金剛界とし、胎金両部を修める修験者峰入りするところからいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉