ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎から巻きひげを出して絡みつく。葉は手のひら状に浅く切れ込む。夏、黄色の雄花と雌花とをつける。実は円柱形で、いぼがあり、緑色であるが熟すと黄褐色になる。若い実を食用にする。インドの原産。野菜として栽培。からうり。 夏》「市に見る今朝の―や小指ほど/紅葉

出典:青空文庫