日本画で用いる白色顔料。カキ殻を粉砕・水簸 (すいひ) ・乾燥したもので、主成分は炭酸カルシウム。室町時代以降用いられ、それ以前は鉛白 (えんぱく) をいった。

出典:青空文庫