• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

胴間声 (どうまごえ) 」に同じ。

「鑠 (めっき) の様なる眼をむき、乙に入ったる―」〈浄・双生隅田川〉