• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 胴の骨。あばらぼね。

    1. 「―ふまへて首ふっと捻ぢ切り」〈浄・盛衰記

  1. 度胸。肝っ玉。

    1. 「―を試さんが為に、物すごき処の墓原へ行きければ」〈反故集〉