• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動]他人の言動が気にさわること。また、そのさま。不愉快。
  • 「余り―な事を云われるとぐうっと癪に触って」〈魯庵・くれの廿八日〉