• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

脾肉之嘆の解説 - 学研 四字熟語辞典

実力を発揮し、功をあげる機会に恵まれず、いたずらに過ぎ去っていく日々を嘆き悲しむこと。
注記
「脾肉」は、ももの肉。「嘆」は、嘆き悲しむこと。
表記
「脾」は「髀」、「嘆」は「歎」とも書く。
故事
中国三国時代、蜀しょくの劉備りゅうびは戦いで実力を発揮する機会に恵まれなくなったとき、戦場でいつも馬上にあったころは引き締まっていたももの肉にも、今ではぜい肉がついてしまったと言って嘆いた。
出典
『蜀志しょくし』先主せんしゅ

キーワード[人材活用]の四字熟語

キーワード[無念]の四字熟語