• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神前で舞楽を奏すること。あるいは、広く、舞をまうこと。

「御―法楽しまいらせ給ひ候ひなば」〈義経記・六〉