• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

機嫌を損じないように気遣い、恐る恐る接するさま。「まるで腫れ物に触るような扱い」