• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

書状の包み紙の端を上から中ほどまで細く切って、ひものようにしたものを巻いて帯封とし、先を挟んで墨で封じ目をつけたもの。封じ目が包み紙の腰の辺りにあるのでいう。腰状。切り封。切り封じ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉