脊柱 (せきちゅう) のうち、胸椎仙椎との間にある5個の椎骨。全般に下位にゆくほど大形となる。