1. 職人などがつける、多く紺 (こん) 木綿の作業衣。胸から腹に当て、細い布紐 (ひも) を背中で十文字に交差させてとめるもの。前面にどんぶりと称する物入れをつける。

  1. 寝冷えを防ぐため、子供の胸から腹にかけて布で覆い、背中と首とで紐を結ぶもの。腹当て。 夏》

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[夏/生活]の季語