《「はらづつみ」とも》

  1. 腹を鼓がわりにして打ち鳴らすこと。「狸 (たぬき) の―」

  1. 腹一杯食べて満足し、腹をたたくこと。

  1. 《「十八史略」五帝の「鼓腹撃壌 (こふくげきじょう) 」の故事から》天下太平で衣食が足り万民が生活を楽しむことをいう。鼓腹。

出典:青空文庫