• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《困りきった場合には自分の膝でさえ相談相手になるという意》だれとでも、相談すればしただけのことはあること。