• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トンボの雌雄が交尾して、互いに尾をくわえ合い、輪になって飛ぶこと。

「蜻蛉 (あきつ) の―の如くにあるかな」〈神武紀〉