• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「へそくり」の「へそ」を「臍」と解して「ほぞ」といったもの。「ほそくりがね」とも》ひそかにためた金。へそくりがね。

「二十余年に―十二貫五百目になしぬ」〈浮・永代蔵・一〉