• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「ほそおち」》

  1. へその緒が落ちること。

  1. 果実が熟して自然に落ちること。また、その果実。

  1. 機が熟すること。また、物事が成就すること。

    1. 「―するまで待ってはゐられぬ」〈浄・鎌倉実記〉

  1. 納得がいくこと。得心。

    1. 「段々の教訓に―して、一生あの里へ参るまいとの起請文」〈浮・敗毒散・二〉