• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「家つ子」の意》

[名]
  1. 古代の最下級の隷属民。財物として売買・譲渡の対象となり、労働に使役された者。家族を構成することができなかった。奴婢 (ぬひ) 。

    1. 「住吉 (すみのえ) の小田を刈らす児―かもなき―あれど妹がみためと私田 (わたくしだ) 刈る」〈・一二七五〉

  1. 家来。臣下。また、従者。しもべ。

    1. 「君をば天とす。―らをば地とす」〈推古紀〉

  1. そのものにとらわれて心身の自由を奪われることのたとえ。とりこ。

    1. 「ますらをの聡 (さと) き心も今はなし恋の―に我 (あれ) は死ぬべし」〈・二九〇七〉

  1. 人などをののしっていう語。やつ。

    1. 「松反 (まつがへ) りしひてあれやは三栗の中上り来ぬ麻呂といふ―」〈・一七八三〉

[代]一人称の人代名詞。自分をへりくだっていう語。男女とも用いる。わたくしめ。
    1. 「―はこれ国つ神なり」〈神武紀〉