• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

床にふしながら旅行記を読んだり、地図や風景画を眺めたりして自然の中に遊ぶこと。中国、東晋の画家宗炳 (そうへい) が居所の壁にかつて歩いた山水を描いて楽しんだ故事による。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉