• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

液体と気体の臨界点近傍にある物質で見られる蛋白光。密度のゆらぎが異常に大きいため、外部から光を当てたときに幅広い波長域で散乱され、強い白色光を発する。1908年、ポーランドの物理学者M=スモルコフスキーが理論的に解明した。臨界乳光。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉