自分で自分を偉い者と思い、尊大に構えること。「夜郎 (やろう) ―」

「此日本は真実自尊―の一小鎖国にして」〈福沢福翁自伝

出典:青空文庫