• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 米を臼でつくこと。また、ついて白くした米。つきよね。

  1. 奈良・平安時代、諸国で脱穀して京都に輸送し、大炊寮 (おおいりょう) 内蔵寮 (くらりょう) に納めた米。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉