[動サ五(四)]《「起こす」と同語源》
  1. ひっそりしていたものを目立つ状態にする。衰えていたものを再び勢いづかせる。「家を―・す」「国を―・す」「弓道を―・す」

  1. 起こす4」に同じ。「俳句の革新運動を―・す」

  1. 気力を充実させる。奮い立たせる。

    1. 「君もしひて御心を―・して、心の内に仏を念じ給ひて」〈・夕顔〉

  1. 大挙して立ち上がらせる。

    1. 「十八日辰 (たつ) の一点に大衆 (だいしゅ) を―・し」〈平家・四〉

[可能]おこせる

出典:青空文庫