(梵)śarīraの音写。身骨と訳す》

  1. 仏や聖者の遺骨。特に釈迦 (しゃか) の遺骨をさし、塔に納めて供養する。仏舎利。

  1. 火葬にしたあとの遺骨。

    1. 「お―になって砂に埋まっちゃやそれっきりだからな」〈中勘助・鳥の物語〉

  1. 《形が1に似ているところから。多く、仮名書きにする》白い米粒。また、米飯。白飯。「すし種も舎利もいい」「銀舎利」

  1. 蚕の病気の一。糸状菌(カビ)におかされ、白く硬くなって死ぬもの。

謡曲。五番目物。旅の僧が京都東山の泉涌寺 (せんにゅうじ) 仏舎利を拝んでいると、足疾鬼 (そくしつき) が舎利を奪って飛び去るが、韋駄天 (いだてん) が取り返す。

出典:青空文庫