• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都府北部、若狭 (わかさ) 湾西部にある一支湾。西側の金 (かな) ヶ岬と東側の博奕 (ばくち) 岬の間から南に人の字の形をした湾で、沿岸はリアス式海岸。湾中央部にある戸島によって東西二つの支湾に分かれる。湾口は最狭部で約1キロメートルしかないが、湾内は広く、水深も10~20メートルある。波が静かで、日本海沿岸では屈指の良港の一。東港はかつて軍港として、西港は江戸時代に西廻 (にしまわ) り航路で栄えた。重要港湾に指定されている。若狭湾国定公園に属する。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉