• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 船の入港のとだえている間。

    1. 「地獄もっての外の不景気にて、弘誓 (ぐぜい) の船の―なり」〈洒・和漢同詠道行〉

  1. 船の入港がとだえて物品が入らないこと。物資が欠乏すること。

    1. 「野暮 (やぼ) と化け物はこの筋一向―だなう」〈人・花鳥風月〉