• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木下尚江の長編小説。明治37年(1904)から明治38年(1905)にかけて毎日新聞に断続的に連載、3編に分けて刊行されたのち、明治39年(1906)に続編刊行。家族制度の批判を企図して書かれた作品。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉