《「しきたい」とも》

  1. あいさつすること。会釈 (えしゃく) 。

    1. 「多くの兵 (つはもの) 共の中を―に及ばず踏み越えて」〈義経記・四〉

  1. おせじを言うこと。追従 (ついしょう) 。

    1. 「―かひがひしく、この節違はぬを賞で感ず」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

  1. 色代納」の略。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉