• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

喪が明けて、喪服からふだんの衣服に着替える。

「宮の御果ても過ぎぬれば、世の中―・りて」〈・少女〉