• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茶の湯で、茶箱点 (ちゃばこだて) の一。道具や古袱紗 (こぶくさ) などを置き合わせた形が、色紙を散らしたようになるところからいう。裏千家11世淡々斎の考案になる。