1. さいの目に切ったサツマイモを入れて炊いた粥。 冬》

  1. ヤマノイモを薄く切り、アマズラの汁で炊いた粥状のもの。昔、宮中の大饗 (たいきょう) などに用いた。

[補説]書名別項。→芋粥

芥川竜之介の短編小説。大正5年(1916)9月、雑誌「新小説」に発表。「今昔物語集」および「宇治拾遺物語」に取材しており、平安朝を舞台にした王朝ものの作品のひとつ。

出典:青空文庫