ボタン科の多年草。高さ約60センチ。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのボタンに似た花を開く。漢方で根を乾かして鎮痙 (ちんけい) ・鎮痛薬とする。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。顔佳草 (かおよぐさ) 。夷草 (えびすぐさ) 。 夏》「―や枕の下の銭減りゆく/波郷

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:青空文庫