しばい。また、しばい小屋。

「貴様一人―へ行くなんて」〈漱石明暗

出典:青空文庫