• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

先端が地面に触れるほど垂れていること。また、そのくらいの長さ。

「厚総 (あつふさ) の尻繋 (しりがひ) の、只今染め出でたる如くなるを、―に懸け成し」〈太平記・一二〉