• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期、ざるに竹ざおをさしたものなどを抱え、こっけいな扮装 (ふんそう) で、口三味線で浄瑠璃を語った門付け芸人。