• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 袖口を細く縫うこと。江戸時代、侠客などの間で粋な仕立てとされた。

  1. 袋物や巾着 (きんちゃく) などの周囲につける、ひらひらしたへり。

  1. 歌舞伎の衣装で、袖・襟・裾などに縫い添えた5色のひらひらしたへり。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉