• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 密教で、カラシナの種子を用いて護摩 (ごま) をたくこと。

  1. 江戸時代の菓子の一。紅梅焼きのような方形のせんべいの面に芥子粒をつけたもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉