• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太田水穂による松尾芭蕉の研究書。大正10年(1921)頃より、自身の主宰する歌誌「潮音」に断続的に掲載した論考をまとめたもの。大正15年(1926)刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉