• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 花札で、同じ月の札を合わせて取り、点数や出来役などで勝負を争う遊び。八八 (はちはち) おいちょかぶなど。

  1. 平安時代、人々が二手に分かれ、それぞれ花(主に桜)を出し合って比べ、また、その花について和歌なども詠んで優劣を競った遊戯。花競 (はなくら) べ。花軍 (はないくさ) 。 春》