• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 花のように美しい妻。一説に、間もなく結婚する男女が、一定期間まったく会わずに過ごすときの、その触れることのできない妻。

    1. 「なでしこがその―にさ百合花ゆりも逢はむと」〈・四一一三〉

  1. 鹿がいつも萩に寄り添うところから、萩の花を鹿の妻に見立てていう語。

    1. 「我が岡にさ雄鹿来鳴く初萩の―問ひに来鳴くさ雄鹿」〈・一五四一〉

  1. 花を親しんでいう語。

    1. 「色深く思ひそめてし撫子 (なでしこ) のその―は今もあかれず」〈夫木・九〉