狂言。座禅をすると言って妻を遠ざけた男が、太郎冠者に座禅衾 (ざぜんぶすま) をかぶせて身代わりにし、愛人の花子のもとへ出かけていく。男が帰宅すると、衾の中に妻がいて、さんざんにしかられる。狂言最高秘曲の一。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫